着物を解く作業。

先日紹介させて頂きました、紬のお着物が、お嫁に行くことになりました。

ショートコートをオーダー頂きました。

 

打ち合わせ、採寸の後、デザインをいくつか考え、その中からお気に召したものを選んで頂き、、、その間に、選んで頂いたお着物を解きにかかります。

 

丁寧に糸を抜いてバラバラにした後、専用の洗剤で水洗いします。

さわさわと、川に流すように。

着物は、必ずと言っていいほど色落ちしますので、重ねてゴシゴシ洗うことは出来ません。長く水に浸けておくのも厳禁。色が流れ出てしまいます。

しぼると、布がよれてしまうので、タオルドライか、脱水をさっと。

その後、パンパンと奇麗にのばして、風に当て、乾ききる前に取り込み、

仕上げにアイロンで乾かす、という一度始めたら付ききりの作業です。

 

でも、こうして水で洗ったものは、製品にする前に縮み切ります。

ですので、仕立て上がりのお洋服を、ご自分で洗うことが出来るのです。

着物の生地は、洗うたびに柔らかく体になじんできます。

 

物によって、お水に弱い物もあります。

襟の部分などの小さな端切れで洗いを試して、水洗い不可能な物は、解いた物をドライクリーニングに出します。

 

奇麗にした布は、お風呂上がりのようにさっぱり。

 

出来上がりが楽しみです。

 

 

 

 

着物から、セミオーダーで洋服をお仕立てます。

素材となる着物もセレクトして用意させて頂いておりますが、お持ち込みも受けております。

その他ご要望がありましたら、

『Contact』のお問い合わせフォームからメール、

もしくはお電話でお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

tel 03-3555-1548

(株式会社アトリエ裕まで)